ピックアップ

6/recent/ticker-posts

海外に口座を作るには?海外で銀行口座を開設する3つの方法

海外で銀行口座を開設

海外移住、海外生活を始めたばかりの時は、生活費をどのように確保するか心配になりますよね。

匿名画像

日本の銀行の口座は維持した状態でも大丈夫なのかな?

匿名画像

海外送金先の口座はどうしよう?

海外ネタのメンバーは、以下3つの方法を利用しています。

ポイント
  1. 日本のネットバンク口座を取得
  2. 海外のオンライン口座を開設
  3. 海外の銀行口座を開設

海外に口座を作るのは、ハードルが高いイメージがありますが意外と簡単です!

日本のネットバンク口座取得方法

海外に住んでいると、やはり1つは日本の銀行口座を持っていると安心ですよね。

口座をネットバンクにしておけば、海外からでも操作ができます。

ただし、あくまでも基本は日本国内での利用を対象としたサービスとなっています。

理想としては移住国現地の口座を持ちつつ、サブ口座として持っておくのが良いでしょう。

日本の銀行口座を利用するのは、

  • 日本円で給料を受け取る
  • 日本円の貯金を動かしたい

などといった場合かと思います。

しかしお金の事というのもあり、いざと言う時日本語でサービスが受けられるというだけでも心強いです。

日本の銀行のネットバンク口座を取得するには、

  • 既に持っている銀行口座のネットバンクサービスを利用
  • ネットバンク主体の銀行口座を新たに開設

が主なオプションになります。

日本で既に持っている銀行口座を、ネットバンクサービスへ移行するのは至って簡単です。

多くの日本国内の銀行は、ネットバンクサービスも提供していると思います。

私ずーみーの場合もともと三菱UFJ銀行の口座を持っていましたが、ネットバンクサービスを利用するのに必要な手順は

ポイント
  1. ログインパスワードの登録
  2. ワンタイムパスワードの登録

と2ステップのみでした。

ネットバンクサービスではUFJに限らず、多くの場合ワンタイムパスワード(銀行によって名称は異なる)というシステムを利用して手続きを行う必要があります。

ネット上で自分の口座を操作したい場合、スマートフォンアプリを連携させた本人確認をしてより安全に手続きを行うためのシステムです。

ネットバンク主体の銀行口座の新規開設も手順はシンプルで、以下の4ステップです。

ポイント
  1. ネットで登録をする
  2. 自宅へ本人確認のための書類が届く
  3. 必要な書類を返送する
  4. 後日キャッシュカード兼デビットカードが送られてくる

新しく開設したネットバンクの銀行口座でも、やはりワンタイムパスワードを利用しての手続きが必要になります。

こちらのスマホアプリと連携しているワンタイムパスワード、便利と同時に注意点もあります。

万が一登録していたアプリが入っているスマホが壊れてしまったり、機種変更をする前にアプリの移行を忘れてしまうと、アプリの登録をし直さなくてはなりません。

再登録には、ほとんどの場合電話での問い合わせが必要になります。

そんな時のための打開策として、以下の3つを検討しておきましょう。

  • 日本へ電話できる方法を確保しておく(例:Skype電話など)
  • 必要な時は日本にいる家族や友人の協力を仰げるようにしておく
  • アプリ以外の認証システムを利用する(物理的な認証カードなど)

ここで述べたのは、海外から日本国内の銀行口座のネットバンクサービスを利用するという方法ですが、もちろん多くの国内の銀行が、海外に住む方の利用を前提としたサービスも提供しています。

匿名画像

有料になっても構わないから、日本の銀行口座を海外からもっと便利に使いたい!

という事でしたら、検討しても良いでしょう。

海外で利用するのに便利な日本のネットバンクを知りたい方は、

海外生活でソニー銀行を利用すべきメリットを解説してみた!

こちらの記事も併せてお読みください。

海外でオンライン口座を開設する方法

海外のオンライン口座は必要な条件さえ満たせば、簡単に開設することができます。

イギリス在住のニールは、現在オンライン口座のみを保有しています。

海外から銀行口座を開設しなかった理由としては、以下になります。

  • 開設するための書類不足
  • オンライン銀行のみで十分
  • 英語力が不安

オンライン口座の開設の仕方は、スマホだけで簡単に出来ます。

ニール画像

ニールの場合、Monzoを使用しています!

Monzoだけではなく、イギリスには多くのオンライン銀行があります。

複数のオンライン口座をメリットとデメリットを考慮し使い分けている人もいます。

ニール画像

オンライン口座の開設の仕方はほとんど同じでした!

会員制サイトの登録をする感覚で、ダウンロードしたアプリにメールアドレスを記入するだけで開設の手続きが出来ます。

以下のような感じのページです。

海外のオンライン口座のアプリ画面

その後、アプリの指示通りに必要情報を記入していきます。

必要な情報は以下です。

  • 名字
  • 名前
  • 生年月日
  • イギリスの住所
  • 電話番号

さらに、本人確認書類として以下のどれかをアプリ内で写真を撮りアップロードする必要があります。

  • パスポート
  • BRPカード(イギリスでの滞在許可書)
  • イギリスの運転免許証
オンライン銀行によっては、住所証明書を求められることがあります。

海外生活を始めたばかりの時は、ハードルが高い提出物となります。

ニール画像

ニールは、住所証明を出せなかったため開設できなかった銀行があります

住所を証明できるものとして、

  • 公的機関(政府、銀行等)からの郵便物
  • 学校や会社からの住所証明書
  • 光熱費などの請求書

となります。

オンライン口座の開設のプロセスとして特徴的なのが、アプリ内で自分の動画を撮りアップロードすることです。

指示された言葉を読み上げ動画をアップロードします。

方法は、以上になります。

審査が通れば登録した住所にカードが届き、カードのナンバーなどをアプリに登録すれば使用できるようになります。

ニール画像

暗証番号は自分で決めれますよ!

このように簡単にアプリでオンライン口座を開設できるので非常に便利で助かりますね。

海外から銀行口座を開設するのが難しい場合は、オンライン銀行口座も視野にいれてはいかがでしょうか。

海外から銀行口座を開設する方法

海外で働いているのなら、現地の銀行口座を作りたいと思うはず。

匿名画像

現地で仕事してないと作れないんじゃないの?

と思う方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。

現地の仕事をしていなくても、日本やアメリカなど他の国でオンラインの仕事をしていても、実はあなたの住んでいる国で銀行口座は作れます。

ただし、観光ビザではなく、学生・就労・配偶者など在留資格のあるビザ取得者に限ります。

今回は、コロンビアでの銀行口座の作り方を例にして解説して行きます。

コロンビアでは外国人のあなたが銀行口座を開設する際に必要なものは、

  • 外国人IDカード(Cédula de Extranjería)
  • 給与明細(日本語でも可)

となります。

匿名画像

外国人IDカードの代わりに、パスポートじゃダメなの?

という方もいるかもしれません。

ですが、基本的にIDカードは在留資格のあるビザ取得者しか持てないので、誰でも持てるパスポートでは口座開設の際の証明にはならないでしょう。

また、給与明細の提出が現地の言葉のみ可能だった場合、あらかじめ給与明細を翻訳しておく事をお勧めします。

海外で銀行口座を開設した時の注意点なのですが、口座を半年以上使わず放置しておくと自動的に閉鎖されてしまうかもしれません。

ひもくみ画像

実際に、ひもくみは一度も使わず閉鎖されてしまいました…!

せっかく作った銀行口座なので、おそらくほとんどの方は半年以内に使用するかと思います。

ですが、こういった口座が閉鎖されるリスクは心に留めておきましょう。


以上が海外で銀行口座を開設する方法でした。

いかがでしたでしょうか。

少しでも皆さんの役に立てる情報があれば、海外ネタメンバーは嬉しく思います。

コメントを投稿

0 コメント